自社に合ったタイムレコーダーを選ぼう

タイムレコーダーのアプリを選ぶときには自社に合ったものを選ぶのが重要だと言えます。例えば外回りを行う人が多い会社ではGPS機能が搭載されたタイムレコーダーアプリを導入するのが好ましいです。GPS機能が搭載されているものを選ぶことによって、外回り中に仕事をサボっていないかという部分を把握しやすくなるというメリットが得られます。日本人が多い傾向にある会社は国産のタイムレコーダーアプリを使うのがいいですが、外資系企業のように他の国籍を持つ社員も積極的に雇用している会社は複数の言語に対応したアプリを選ぶ必要があります。

導入コストを基準に選ぶのも重要なポイント

タイムレコーダーアプリは社員全員に導入してもらう必要があるため、有料アプリを採用する場合は導入コストが高くなるケースも考えられます。タイムレコーダーアプリに使える予算が多い場合は、有料アプリを選ぶ方がいいでしょう。有料アプリの方が使える機能が多い傾向にあるため、あらゆるものの管理に使える可能性が高いです。タイムレコーダーアプリに資金を投入できない場合は無料アプリから選ぶのが良いと言えます。無料のタイムレコーダーアプリであっても、基本的な勤怠管理はできます。無料アプリは細かい管理ができないものが多いので、予算に余裕ができたら有料アプリに切り替えるのも1つの方法です。

会社の規模でアプリを選ぶ

自社の規模はどの程度か、という部分を把握した上でタイムレコーダーアプリを選ぶのも重要な要素です。数人しか働いていないような小規模の会社なのに、多機能型の有料アプリを選んでしまうのはオーバースペックである可能性が高いと言えます。小規模の場合は無料アプリでも運用が可能であるケースが多いです。

タイムレコーダーを設置する場所は社員が行き交う出入口が望ましいとされています。ただし、悪意のある来客者などに弄られる可能性を減らすため、なるべく目立たないように設置する努力も求められます。