太陽光発電ってなに?

太陽光発電は、シリコン半導体に太陽光を当てて電気を発生させて太陽光を電気に変換することです。建物の屋根や壁などのスペースにソーラーパネルを設置したり、空き地や山岳部などに設置して電源として活用されている光景を多く見るようになりました。私たちは電気会社から電気を買って日々の生活を送っています。太陽光発電システムを導入していると、太陽光で発電した電気を自宅で使用することができます。太陽光電池で発電した電気のうち消費できなかった分を蓄電池に蓄えておくと、発電ができない夜や悪天候が続いたときになどに活用することが可能です。蓄電池を使用しても電気が余った際は電力会社に電気を売って収入を得ることができます。

太陽光発電は停電対策に最適!

私たちが電力会社から購入している電気は、大部分が火力発電所などで化石燃料を燃やすことで発電しています。しかし、大規模な地震などが原因で火力発電所が停止してしまうと、途端に電気が枯渇状態になって停電になってしまいます。
私たちは、日々当たり前のように洗濯機やエアコン、掃除機などを使用しているため、停電がおきてしまうと家電が使えなくなってしまいます。また、スマートフォンやテレビなどの情報源も電気を使って動いているため、停電してしまうと情報を得ることが難しくなります。太陽光発電を導入していると設備に問題が無い限りは、通常の生活のように電気を使うことができます。蓄電池がない場合でも、昼間の太陽光発電が稼働している時間帯に料理や洗濯、掃除を終わらせてしまえば、普段の暮らしと近い生活を送ることができるので、災害対策に最適です。

初期費用がかかる太陽光発電の価格をできるだけ抑えるためには、複数の会社から見積もりを取得するのが良いでしょう。