ガラスフィルムでセキュリティ対策の強化ができる!

最近、窓ガラスにガラスフィルムを貼ることで防犯対策を考えている人が増えてきています。元々は、ガラス破損時の飛散防止や目隠しをする目的で貼られていたことが多かったのですが、防犯性能試験を合格した防犯対策用ガラスフィルムが登場したことによってセキュリティ対策にも使用することができるようになりました。

空き巣に狙われやすい経路と対策とは?

実は、泥棒や空き巣が戸建て住宅に侵入する経路の6割は窓ガラスからと言われています。特に植木やブロック塀などで道路から見通しが悪くなっている1階の掃き出し口の窓や腰高窓などは狙われやすいとされています。また、ブロック塀や足場にできるような環境があると2階の窓などから侵入されることもあります。空き巣被害を防ぐためには、窓ガラスを簡単に割ることができないよう工夫することが重要です。特に一枚ガラスや網入りガラスの場合は、バールなどで叩くと簡単にガラスを割ることができてしまうため、早急に対策する必要があります。

空き巣は鍵を開けるのに3分、家の中を物色するのは5分と言われています。また、警視庁による調査では、空き巣の70%が侵入に5分かかると諦めるという結果がでています。窓ガラスにガラスフィルムを貼り付けて5分間持ちこたえることができれば、空き巣が諦めてくれる可能性が高まるというわけです。防犯用ガラスフィルムは、通常のガラスフィルムよりも厚くできており、粘着性も高いことが特徴です。バールによる打ち破りやバーナーによる焼き破りなどにも対応できるため、窓ガラスに貼るだけで簡単に安心・安全な住まいをつくることができます。

ガラスフィルムには、装飾を目的としたものや、紫外線対策や省エネを狙ったもの、プライバシー保護の役割を持つものなど様々な種類があります。