用途別に分けられている倉庫の種類

一口に倉庫といっても、いろいろな種類があります。倉庫は「営業倉庫」と「自家用倉庫」に分けられますが、こちらでは、営業倉庫の種類を考えます。営業倉庫は、大きく3種類に分けられます。

一つは、普通倉庫です。農業や製造業、鉱業などの製品や原料を保管するのが主な目的ですが、家財や美術品など、個人の所有物の保管にも対応できます。普通倉庫は、保管する物の耐火性や種類により、備えるべき設備などが細かく定められています。営業倉庫の別の種類として、冷蔵倉庫があります。水産物や生鮮食品、冷凍で保管する物に対応した倉庫で、10度以下の低温を維持できる設備が必要です。水面倉庫は、川の河口付近などで、物品を水辺に浮かべた状態で保管するタイプの倉庫です。物品の流失を防ぐための築堤や、照明装置の設置などが求められます。

貸し倉庫を選ぶポイント

倉庫を自社で持つのではなく、貸し倉庫を利用する企業も多くなっています。貸し倉庫を選ぶ際には、倉庫の利用目的を明確にすることが重要です。保管する物の大きさや種類がわかっていれば、入り口の大きさや天井の高さ、広さなどを決定しやすいからです。ち密な温度管理が求められる物品を扱うかどうかでも、利用する倉庫の種類が異なってくるでしょう。また、荷物の搬入や搬出に利用する車両の大きさや台数に応じた駐車場がある倉庫を借りることも大切です。倉庫や隣接する駐車場の大きさだけでなく、周辺環境も考慮します。取引先などへの利便性を考えると、輸送時間を大幅にカットできるに違いありません。

3PLとは何かというと、物流業務を運送会社や倉庫会社に委託する事です。委託する事で少ない経済的負担で物流を行う事が出来る為、多くの企業がこのサービスを利用しています。